デザイン定規から生み出された神秘的な作品 冨貫功一 個展「into」

#eat

ワインワークス南青山では、8月4日(火)〜11月6日(金)まで、冨貫功一 個展「into」を開催します。

冨貫功一さんは、東京造形大学卒業後、ソニー・ミュージックコミュニケーションズ(現・ソニー・ミュージックソリューションズ)勤務を経て、有限会社ROOTS設立。

これまで、葉加瀬太郎「VIOLINISM」シリーズ、スガシカオ「FUNKAHOLiC」、関ジャニ∞「元気が出るCD」他、数々のアーティストのCDジャケット・DVDジャケット等、音楽・映像関連のデザインをメインに、様々な分野のグラフィックデザインを手掛けています。

【作家ステートメント】

本展覧会タイトルである「into」には、「~の中へ、のめり込む、夢中になって」という意味があります。

作品を観る側に、その作品の中へ入っていくような、吸い込まれるような没入感を感じていただきたいという思い。

そして、作る側である私の制作に対する没頭・夢中になる様を感じてもらえるような作品になることを信じ、このタイトルをつけました。

子供の頃、誰もが一度は遊んだであろう「デザイン定規」。

プラスチックの歯車をプレートに嵌め、鉛筆などでグルグルと回転させて模様を描くこの道具に夢中になり、今もこの道具から生み出される想像もつかないその神秘的とも言えるシンボルに惹かれ続けています。

冨貫功一

会期中には、冨貫さんの経歴や作品から着想を得て、季節や地域と親和性のある月替り(8月、9月、10月)のコラボドリンクを展開。

こちらのコラボドリンクをご注文していただいたお客様には、会場にある3つの展示作品をミニサイズにしたコースターをプレゼント

また、会場である菜食と発酵食の健康食ダイニング「ワインワークス南青山」ではランチ営業もスタートしました。

ぜひ美味しいフードやドリンクに舌鼓を打ちながら、デザイン定規から生み出された神秘的な作品をご高覧ください。

【作家プロフィール】

冨貫功一 (とみぬきこういち)
アートディレクター/グラフィックデザイナー

米サンフランシスコ生まれ。
東京造形大学卒業後、ソニー・ミュージックコミュニケーションズ(現・ソニー・ミュージックソリューションズ)勤務を経て、有限会社ROOTS設立。

CDジャケット・DVDジャケット等、音楽・映像関連のデザインをメインに、様々な分野のグラフィックデザインに携わる。

主な作品に葉加瀬太郎「VIOLINISM」シリーズ、スガシカオ「FUNKAHOLiC」、関ジャニ∞「元気が出るCD」他、宮本笑里、NAOTO、OKAMOTO’S、平井堅、アンジェラ・アキ、FLOW、元ちとせ、TOKIO、杏子、新妻聖子、稲垣潤一、佐藤竹善、Sing Like Talking等、多数。
日本タイポグラフィ協会会員。

HP:dripbook.com/roots_tommy
Foriio:Foriio.com/koichi-tominuki
Twitter:@roots_tommy
instagram:roots001

 

【展覧会情報】

 冨貫功一 個展「into」
会期:8月4日(火)〜11月6日(金)
会場:ワインワークス南青山
   〒107-0062 東京都港区南青山3-2-3 カトレアビル2階
営業時間:火〜金、(土)
     ランチタイム    11:30 – 14:00
     ディナータイム   17:30 – 22:00(L.O. Food 21:00、Drink 21:30)
     ※新型コロナウイルス感染症の状況により変更する場合があります。
      必ず店舗に事前確認の上、ご来場くださいませ。
      店舗TEL:03-6721-1400
     ※ワークショップや各種イベントなどで貸切営業する場合がございます。
     ※冨貫さんの作品鑑賞に来店した旨をお伝えいただければ、飲食してもしなくても、
      ご来場OKです。
      お仕事の終わりにでも、ご予定のついでにでも、気軽にお立ち寄りください。
URL:https://wineworks.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/wineworksaoyama/

新 麻記子

アート系WEB媒体にて日々の暮らしを豊かにしてくれるアート・カルチャー系の執筆業以外に…作詞家、仲介・紹介業、対話型鑑賞会のナビゲーター、 アート・映像 デ...

プロフィール

関連する記事一覧