酒小町の説明書

#sake

酒小町がコミュニティになってから早いもので半年が経ちました。
素晴らしいメンバーに恵まれ、日々楽しく仲良く活動しています。

そんな酒小町の魅力をひとりでも多くの方にお伝えするために、『酒小町の説明書』を作成しました。
ぜひご一読ください!

【酒小町ってつまり何?どんなメンバーがいるの?】

酒小町は20代から30代の、Z世代とミレニアル世代のメンバーを中心とした日本酒コミュニティです。
女性クリエイターを中心に立ち上げた経緯もあり、メンバーの半数以上が女性で構成されています。

年齢も職業もバラバラなメンバーの共通点はたった2つ。

①日本酒が嫌いじゃない
②人が好き

これだけです。

日本酒好きのメンバーがほとんどですが、「日本酒も飲めなくはないけれど本当はワインのほうが好き」なんてひともいます。
日本酒に限らず、お酒をひとくち飲んだだけでギブアップなひともいます。

それでいいんです!

お酒に弱いメンバーは『下戸小町』としてコミュニティ全体で認知され、大切に守られています。
無理やり飲ませるなんて絶対にしません。

お酒に強い・弱いなんて些細なこと。
日本酒に対して嫌なイメージさえなければ、ぜひ入会をご検討ください。

むしろ「嫌なイメージがあるけれど酒小町でそれを変えたい」なんて方も大歓迎です。
全力でサポートします!

メンバーには唎酒師も数名いますが、知識をひけらかしたり飲めないことを否定したりするようなひとはいません。

日本酒にちょっと挑戦してみたいあなた、日本酒好きの仲間が欲しいあなた、気軽に交流できるサードプレイスが欲しいあなた。
すべての希望を叶えられる場所が『酒小町』です。

【酒小町って具体的にどんな活動をしているの?】

メンバー同士の交流を楽しみながら、酒造や企業からの依頼を受けて『日本酒のためにできること』をしています!
現在進行形でおこなっている活動は、イベントの企画運営、酒造のオウンドメディアへの記事寄稿、UGC対策、SNS運用です。

コミュニティメンバーには、イベントへの参加とUGC対策のお手伝いをお願いしています。
UGCとはユーザー生成コンテンツの略で、消費者がSNS上で発信する情報のことです。

たとえば酒小町主催のイベントがあった際には、飲んだ日本酒やイベントの様子をInstagramやTwitterなどに投稿していただきます。
投稿した画像や文章がUGC、そこに載せた情報を効果的に拡散するためにおこなうのがUGC対策です。

具体的なUGC対策についてはイベントごとに解説しますので、現時点で知識は必要ありません。
それとは別にお仕事を依頼できる場合もあるので、日本酒のために活かしたいスキルをお持ちの方は積極的にアピールしていただけると嬉しいです!

【他にはない!酒小町のいいところ】

他のコミュニティにはない!かもしれない、酒小町ならではのいいところをご紹介します。

①楽しい部活

酒小町は普段Slackで交流しています。
そこでメンバーの多くが参加しているのが部活チャンネル!

『吟醸香研究部』みたいなものではなく、日本酒と直接関係ない部活ばかりです。
現在活動しているのは以下の3つ。

・ダイエット部
ダイエット部は「いつまでも健康な体でお酒を楽しもう」というテーマのもと活動する部活です。
毎日10時と22時に集合して運動をします。

集合と言ってもオンラインで、もちろん参加は自由。
ビデオはオフが基本なので気軽に参加できるのも嬉しいポイントです。

月初に目標を宣言して、進捗報告や情報共有をしたり、励ましあったりしながらみんなで頑張っています!

・美容部
美容情報のシェア、美容に関するお悩み相談ができる部活です。
男女問わず、今より綺麗になりたい気持ちがあれば入部できます。

先日投稿された「乾燥がひどい!」というSOSには、あっという間に78件のレスがついて即解決。
不定期で『眉毛コンサルイベント』『バレない!すっぴんメイク講座』などの美容部限定のイベントもおこなっていく予定です。

美容成分が含まれている日本酒を飲みながら美容部で活動すれば、あなたの美は約束されたも同然!かも。

・アウトドア部
キャンプ、登山、スノボ、スキーに釣りなど、アウトドア好きが集う部活です。
このご時世なので、具体的な活動はまだできていません。

現在はみんなでやりたいことや行きたいところについて情報共有をしたり、おすすめスポットやアクティビティの紹介をしたりが活動のメインです。
一刻も早い事態の終息を祈りながら、アウトドアに思いを馳せています。

新しい部活を始めたい場合、5名ほどの希望者がいればどんどん開設する方針です。
非公式ながら桃鉄部やモンハン部も活動中!

②(ほぼ)毎日オン飲み開催

外に飲みに行けないのはもちろん辛いことですが、何より辛いのは “人との繋がりが感じられない日々” だと思いませんか?

毎月一度の全体オン飲みはコミュニティ発足時からあったものの、緊急事態宣言を受け、それでは足りない雰囲気に。
最近では、ほぼ毎日と言っても過言ではない頻度でオン飲みが開催されています。

特にお知らせがなくても、「今から飲みたい」とつぶやけばサッと人が集まる環境と関係性が酒小町の自慢です。

③多様なオンラインイベント

日本酒関連のイベントとしては、みんなで同じお酒とおつまみを楽しむ飲み会や、酒小町限定酒蔵ツアーなどを現在計画中です。
日本酒以外にもメンバーのスキルを活かした『ホロスコープイベント』や『ご自愛ストレッチイベント』など、楽しめるイベントがたくさんあります。

オンラインだからこそ可能な、気楽でゆったりと繋がれるイベントをこれからもたくさん企画していきますのでお楽しみに!

④多彩なオフラインイベント

現在は開催できませんが、これまでに素敵なオフラインイベントをたくさんおこなってきました。

思わず写真に撮りたくなるような美しい空間、美味しいお酒と料理、みんなで過ごす楽しい時間。
オフラインだからこそ得られる経験はかけがえのないものです。

世の中が落ち着き次第、ニューノーマル時代に即したイベントを開催していく予定です。

【酒小町にあふれる「また明日」を体感しませんか?】

大人になると「また明日」を言う機会は減りますよね。
今は思うように外出もできませんが、酒小町はSNSやZoomなどのツールを使ってオンラインでゆるくしっかり繋がっています。

「大人になってからこんなに気の合う友達ができると思わなかった」
「年下で尊敬できるひとに初めて出会えた」
「日本酒が好きな同世代に出会えて嬉しい」

これはメンバーがくれた宝物のような言葉たちです。

年齢も職業もバラバラの個性豊かなメンバーたちが、一緒に楽しんだり一息ついたりできる優しい居場所。
会社や家庭とはちょっと違う、気ままな心地よさを感じられるサードプレイスが酒小町です。

孤独になりがちなおうち時間に、酒小町で「また明日」しませんか?

成澤 あや子

日本酒と日本語を愛するフリーランスのライター/編集者/ディレクター。 酒小町ではコミュニティマネージャーとして活動中。 数年前まで日本酒が苦手だったが、ある...

プロフィール

関連する記事一覧