• HOME
  • COLUMN , MAGAZINE
  • 缶つまで簡単!今日のおつまみ3皿目「オイルサーディンのプッタネスカ」

缶つまで簡単!今日のおつまみ3皿目「オイルサーディンのプッタネスカ」

外で飲むのもいいけれど、今日はお家でのんびりお酒を飲みたい気分。
手のこんだお料理もいいけれど、簡単にぱぱっと作れるおつまみで、ゆったりとお酒を楽しみたい。

そんなわがままで、忙しい日常を送るあなたに、酒小町から簡単おいしいおつまみレシピをお届けします!

3皿目 オイルサーディンのプッタネスカ

日本近海で獲れたイワシのみを使用した「オイルサーディン」と、2種類のオリーブが入った「ミックスオリーブ」の缶つま。
今日は2つの缶つまをベースに、本来アンチョビを使う「プッタネスカ」をオイルサーディンで代用した、日本酒に合うパスタを作りました。

用意するもの

・缶つま オイルサーディン 1缶
・缶つま ミックスオリーブ 1缶
・パスタ 125g(今回は「ファルファッレ」という リボン型のパスタを使用)
・カットトマト缶  1/2缶(200g)
・タマネギ 1/2個
・ニンニク 2かけ
・鷹の爪 2かけ
・岩塩 少々
・ブラックペッパー 少々
・パセリ お好みで

作り方

(1)タマネギとニンニク、鷹の爪をみじん切りにし、ミックスオリーブを薄くスライスする
(2)フライパンにオイルサーディンの油を入れて加熱し、ニンニクと鷹の爪を入れて香りをつける
(3)タマネギとオイルサーディンを加え、オイルサーディンの身を崩しながら炒める
(4)オリーブを加えて炒める
(5)トマト缶を入れ、一煮立ちさせる

(6)鍋にお湯を沸かし、塩を入れ(分量外)、パスタを茹でる
(7)パスタが茹で上がったらザルに取り、お湯をよく切っておく

(8)トマトソースにパスタを入れてよく混ぜる

(9)塩、ブラックペッパーで味を整える
(10)お好みで、残ったオイルサーディンのオイルとパセリを振りかけたら完成!

おいしい酒小町メモ

ポイントは、トマトソースを作る時に「オイルサーディンの油」を使うこと!
タマネギやニンニクの旨味、鷹の爪の辛さがオイルサーディンの旨味を引き立てています。
全部入れると油の量が多すぎるので、適量を使用してくださいね。

トマト缶はしっかり煮込むことで甘みが出てきます。
トマトソースの甘みに、オリーブのまろやかな独特の甘さも加わり、特にフルーティな日本酒とよく合います。
お好みで粉チーズやタバスコを追加するのもオススメ!

今回は「ファルファッレ」というパスタを使いましたが、パスタの種類はお好きなものでOKです!

今日の缶つま

今日のペアリング

 

今夜は、オイルサーディンのプッタネスカをおつまみに乾杯!
次回は「牛肉のバルサミコソテー」のレシピをご紹介いたしますので、お楽しみに!

前回のおつまみ「ベーコンのカプレーゼ」「牡蠣の酢醤油和え」もチェックしてね!

缶つま:国分グループ本社株式会社
東京都中央区日本橋1-1-1
https://www.roji-nhb.jp/

日本酒:滝澤酒造
埼玉県深谷市田所町9-20
TEL:048-571-0267
https://kikuizumi.jp/

レシピ監修:ヒロミチ ハセガワ
https://twitter.com/onigiri_dan
デザイナー:目黒水海
ライター:ごまちゃん

目黒水海

1,960 views

グラフィック、空間装飾、コミュニティデザインなど、マルチに手がけるデザイナー。三度の飯よりお酒が好き。酒小町のロゴ制作や、デザインまわりを担当。 酒小町では...

プロフィール

ごまちゃん

3,671 views

日本酒ナビゲーター・ブロガー 両親の影響で、自らも大のお酒好き。主人との晩酌が毎日の楽しみで、旅先でも一緒に地酒を味わうのが恒例に。アートや建築が好きで、週...

プロフィール

関連する記事一覧