日本酒には大きく分けて2種類あるって、知ってる?

日本酒は好きだけど、純米酒とか山廃とか言われてもわからないし、難しくて覚えられない。

でも、ほんとうは少しづつでも知識を身につけて日本酒をもっと楽しみたい。

そんな日本酒ビギナーへ向けた、日本酒の豆知識をご紹介する今回の記事。
「日本酒には、大きく分けて2種類あるって知ってる?」というタイトルに合わせて、純米酒と本醸造酒の違いを簡単にお話ししていきます。

そもそも日本酒って?

日本酒は、「お米・麹・水」によって造られています。
このお米の削り方によって”純米吟醸”や”吟醸”など、日本酒としての名前が変わっていくのですが、その前に、”アルコールが添加されているか・されていないか”で大きく分類されるのです。

つまり、

    • アルコール無添加:純米酒
    • アルコール添加 :本醸造酒

と言います。

純米酒の特徴は?

アルコールを加えない純米酒はお米・麹・水のみで製造されるため、米の風味がダイレクトに影響します。
なので、等級の高いお米、良質なお米を使うことが多いです。
純米酒はお米本来の、「甘み」や「風味」を堪能することができます。
また、濃厚な味を楽しむことができるので、日本酒好きはこちらが好きな方が多い印象です。

本醸造酒の特徴は?

サトウキビやトウモロコシなどを発酵させて蒸留して造られるアルコールを純米酒に加えたもの(10%以下)が本醸造酒です。
本醸造酒は薄めたお酒としてあまり質が良くないイメージを持っている方もいますが、そうではありません。

麹や酵母を発酵する過程で出たアミノ酸や糖は、日本酒好きにはたまらない口当たりになりますが、慣れていない人にとっては日本酒臭さとして残ってしまうこともあるんです。

そこでアルコールを加えることで、これらが軽くなるので「ライトな飲みやすさ」「まろやかさ」を味わうことができます。

お店で日本酒を選ぶ時にラベルをチェックしてみて、純米酒なのか本醸造酒なのかをぜひ見てみてくださいね。
日本酒の楽しみ方が、これまでよりもぐっと広がるはずです。

テキスト:卯月りん
撮影:酒小町
編集:金子摩耶

卯月りん

7,465 views

日本酒の広報 自分が心から好きなものを、届けるべき人に届けたい。そんな思いから、日本酒の広報をはじめる。前職での広報の経験を活かして、酒蔵の支援やブランディ...

プロフィール

関連する記事一覧