• HOME
  • EVENT , MAGAZINE
  • 若手の日本酒ハードルを下げたい、2,000円で冬限定酒飲み放題! ゲストには現役藝大生のライブセッションも

若手の日本酒ハードルを下げたい、2,000円で冬限定酒飲み放題! ゲストには現役藝大生のライブセッションも

三連休の最終日、みなさんはいかがお過ごしですか。
お休みだから、もう飲み始めてるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

酒小町がたちあがって1週間。実は初の日本酒イベントがありご連絡させていただきます

若手の日本酒ハードルを下げたい、2,000円で冬限定酒飲み放題!

12月8日(土)に、「若手の日本酒ハードルを下げたい」というコンセプトから2,000円という値段で、冬に旬である「しぼりたて」をメインにした飲み放題のイベントを昼・夕方の2部制で開催します。

場所は、外苑前のダイニング&ギャラリー「ワインワークス南青山」。夕方の部には、現役藝大生の弦楽器女性ユニット「G trio」がゲストで参加。躍動感あふれる生演奏とフレッシュなしぼりたての日本酒をぜひお楽しみください。

大胆な価格設定は、日本酒にあまり馴染みのない若い方にも楽しんでほしいから

外苑前といえば、ブランドショップや人気のカフェ、アートギャラリーが点在し、流行でお洒落なキーワードがぴったりとハマるエリア。そんな場所にある「ワインワークス南青山」は、ちょっぴり贅沢なひと時を、もっと日常的に、もっと気軽に味わってほしい、という思いを持った飲食店です。

そんな「ワインワークス南青山」では、ワインだけではなく、国酒である日本酒の応援をしていることも特徴の一つ。今回のイベントは“日本酒がある暮らし”をテーマにしたライフスタイル情報Webメディア「酒小町」のコラボレーション企画として、日本酒にあまり馴染みのない若い方にも楽しんでもらえるよう、リーズナブルな価格設定を行いました。

究極の冬の愉しみ、季節限定酒「しぼりたて」

多くの酒蔵で日本酒は冬に造られます。「しぼりたて」は、その名の通り、できたてで若いままのフレッシュで爽快な味わいの日本酒です。通常お酒は、出荷前に二度火入れ処理をしてから出荷されますが、「しぼりたて」はその火入れを一度もしないものを指します。そのため、作りたての冬にしか出回らない限定酒。フルーティなお酒な味わいや炭酸を含んだもの、またお米の味がほんのり感じられるお酒も多く、初めて日本酒を飲む方におすすめです。

特別ゲストは、踊る弦楽器、現役藝大生の女性ユニット「G trio」

今年2018年4月に生まれた“Geidai&Girls、Genkiすぎる3人”の「G trio」。楽譜の存在しない彼女らは、同じ曲であるにも関わらず、毎回演奏が変わるアクティブなアレンジ、溢れる躍動感とフレッシュな音楽は、まさに新しい生音。しぼりたての新酒にぴったりです。

現役藝大生である G trio のメンバーは3人共さまざまな音楽コンクールで受賞した実力者。クラシックから、ディズニーの名曲、Ed SheeranやAviciiの最新曲など、彼女らの奏でる音楽で弦楽器のイメージを180度変えてください!

イベントで気に入ったお酒は、限定レアな日本酒のみを集めたECサイト「Craft Dept.」で

当日イベントで提供する日本酒は、オンラインショップ「Craft Dept.(クラフトデプト)」でご購入いただけます。

【Craft Dept.とは】

注目の蔵元が造る生原酒や、季節限定のお酒など、全国各地のこだわりの日本酒を揃えたオンラインセレクトショップです。日本酒初心者でも気軽に、おいしく飲めるお酒を中心にご用意しています。こちらも今後、酒小町とコラボレーションする予定です。お楽しみに。(12月上旬オープン予定)

日本酒初心者さんにもおすすめ!冬だけの限定酒「しぼりたて」飲み放題

日時    : 12月8日(土)1部:12:30~15:00 2部:16:00~18:30
会場    : ワインワークス南青山(東京都港区東京都港区南青山3−2−3 南青山カトレアビル 2階)
内容    : 冬だけの限定酒「しぼりたて」飲み放題
参加費   : 2,000円(軽食+飲み放題)
特典    : 参加者全員にノベルティでお猪口をプレゼント、女性に簡易プレゼント付き!
お問い合わせ: wineworks@itl-corp.jp
参加申込  : https://www.facebook.com/events/275845779740864/
<今回飲み放題に含まれるラインナップはこちら>
天吹、出羽鶴、雪の茅舎、にいだしぜんしゅ、総乃寒菊、七賢、三千櫻、三芳菊、花巴、栄光富士‥などなど

卯月りん

7,458 views

日本酒の広報 自分が心から好きなものを、届けるべき人に届けたい。そんな思いから、日本酒の広報をはじめる。前職での広報の経験を活かして、酒蔵の支援やブランディ...

プロフィール

関連する記事一覧