• HOME
  • INTERVIEW , MAGAZINE
  • この業界をもっと面白くしたい。24歳で酒蔵のM&Aに踏み切った最年少の蔵元の熱い取り組み

この業界をもっと面白くしたい。24歳で酒蔵のM&Aに踏み切った最年少の蔵元の熱い取り組み

天領盃 加登仙一

日本酒の造り手のインタビューを連載で続けている酒小町ですが、今回は新潟県の佐渡ヶ島にある天領盃酒造の蔵元、加登仙一さんにお話を伺いました。

豊かな自然の中にある天領盃酒造は、自然と共存しながらも日本で初めて酒造りの場に機械を導入するなど新しい挑戦を続けてきた酒蔵です。

しかし、跡継ぎがおらずこのままでは廃業の選択しかないという中、加登さんが当時24歳という若さで酒蔵をM&Aし、酒蔵としての新たなスタート地点に立つことになりました。

なぜ、その若さで酒蔵をM&Aし、お酒造りの道へと足を踏み入れたのか、そして今後新しく挑戦したいことをお聞きしました。

東京の証券会社から、新潟佐渡島の酒蔵をM&A

天領盃,酒小町,日本酒,加登仙一

ーーはじめまして、酒小町の卯月です。

加登さんは昨年初めて酒蔵に入り、現在25歳で日本最年少の蔵元とのことですが、もともと酒蔵が実家…というわけではないですよね。

加登:私はもともと、東京の証券会社に勤めていました。酒蔵に入るきっかけは、証券会社時代のお客さまから後継ぎのいない酒蔵があることを教えてもらったことです。今の日本では、日本酒を造るには新規免許がほぼ下りないですし、自分たちでお酒を造るにはどこかの酒蔵をM&Aするしかなかった。跡継ぎのいない酒蔵の話をもらってから、M&Aを決めるまでは早かったですね。

留学先のスイスで、日本文化や伝統を語れなかったことが悔しかった

天領盃,酒小町,日本酒,加登仙一

ーーその若さで酒蔵をM&Aされたとは驚きです!なぜ選んだ先が日本酒業界だったんですか?

加登:日本酒に興味をもったのは、大学時代にスイスに留学をしていて、現地での飲み会に参加したこときっかけでした。

留学生の学生寮で行われたふつうの飲み会だったんですが、集まった各国の学生たちが自国のお国自慢で盛り上がっていました。

「フランスのワインが世界で一番うまい」「いや、イタリアのワインだ」「何を言ってるんだ、テキーラが世界一に決まってるだろ」といった感じで。

天領盃,酒小町,日本酒,加登仙一

僕はその時笑って聞いていたんですが、その中の友人の一人に「日本にはSAKEがあるらしいじゃないか、味はどうなんだ」と言われたんです。その時に僕は、なにも答えることができなかったんです。自分と同じ立場の各国の学生たちが、自国が一番だと語り合っている中、僕だけが自分の生まれ育った国の文化を語ることができなかった。

悔しさと恥ずかしさが込み上げてきて、それから自国の文化や伝統について猛勉強し始めました。その中で一番興味を持ったものが、日本酒でした。

国酒である日本酒のイメージを文化ごと変えたかった

天領盃,酒小町,日本酒,加登仙一

ーーまさか海外での経験が、日本酒に興味をもつきっかけになるとは。とはいえ、数ある日本文化の中でもなぜ”日本酒”を選んだのですか?

加登:留学先では特に、ワイン文化圏の学生が多かったんです。日本文化の一つである日本酒を調べていくうちに「並行複発酵」など日本酒をつくる工程の方がワインより複雑な技術を使っていることを知りました。それなのに日本では日本酒のイメージが古臭いお酒、罰ゲームの時に飲まされるお酒など、あまりよいイメージがありませんでした。

その事実がとてももったいないなと感じ、将来は日本酒に関わる仕事に就きたいと考えるようになりました。

天領盃,加登仙一

ーーあまりよいイメージを持たれていない日本酒の文化ごとなんとかしたいという思いが、日本酒を仕事にする原動力になったんですね。

加登:そうですね。日本酒の業界に参入するにしても、どこかの蔵に入ったり、酒販店に就職したりするのではなく、自分の思う酒造りがしたかったんです。なので将来は独立を考えて、そのためにはまず財務を勉強したいと思い、証券会社に入りました。

独立して経営をするには、財務知識が必要になると思ったからです。会社を辞めることに、迷いや不安はありませんでした。

前職の証券会社の経験を活かし、まずは財務面から底上げを

天領盃,酒小町,日本酒,加登仙一

ーー証券会社を選ばれた理由も、日本酒で仕事をする際に必要となるスキルを吸収するためだったんですね。人生設計の中に日本酒が入っているとは驚きでした。

蔵元になられてから実際に変えた部分も、財務部分が大きかったのでしょうか?

加登:最初に手をつけたのは、財務面ですね。それこそ、カラーコピーを白黒にする、昭和から変わっていなかった電話回線を見直すなどの小さなことから、土地代の交渉などを含めて半年間で200~300万円の経費削減を行いました。

この削減は、売上を600~800万円を増加するのと同じくらいの効果になります。これは証券会社で実務として行っていたことが、そのまま役立ちました。

20~30代に飲んでもらえるような新しい日本酒を目指して

天領盃,酒小町,日本酒,加登仙一

ーー半年間でそこまで成果をあげられているとは!驚きばかりです。経費削減の後は、どのようなことに挑戦したいとお考えですか?

加登:新しいブランドをつくりたいと思っています。もっと自分の同世代である20代から30代に飲んでもらいたい。例えば記念日のような特別なシーンに飲んでもらったり、両親や恋人など大切な人への贈りものとして選んでもらったりするようなブランドをつくりたいですね。

華やかなひと時を彩れるよう、パッケージにもこだわり、いままでの日本酒のラベルによくある太字の筆文字ではなく、もっと柔らかくて、しなやかなデザインを考えています。

また、置いていただける飲食店も厳選して、お酒のおいしさはもとより、飲んでいただく時雰囲気も含めて、シーンごと楽しんでいただきたいですね。いまは、その新しいブランドを立ち上げるため、試行錯誤を繰り返しています。

ーー加登さんがつくる天領盃酒造の新時代の幕開けですね、楽しみです!そして、そんな加登さんが試行錯誤を重ねたお酒が2019年5月1日から発売されるそうです!詳細はインタビューの末尾にありますので、ぜひお読みくださいませ。

まずは知ってもらえるきっかけをつくりたい

ーー実際に、新時代の幕開けとして最近始められたことはありますか?

加登:昨年の夏に新しくおこなったことは「夜の酒蔵見学」です。参加してくださる方にペンライトをお渡しして、照明なしで酒蔵を回ってもらうというイベントですこれは、連休を利用して佐渡を訪れてくれたお客さまから「佐渡って夜は遊ぶところないですよね」という声を聞いて、翌日からすぐに始めました。もちろん、見学した後はお酒も楽しんでもらいます。

DARK NIGHT SAKAGURA TOUR
Web:https://tenryohai.co.jp/brewery-tour/

天領盃,酒小町,日本酒

ーー夜の酒蔵見学なんて、初めて聞きました。イベントの内容も、スピード感もすばらしいですね。

加登:そうですね、佐渡にはたくさん自然が残っているので、春になったら桜を愛でるお花見の会だったり、夏には満天の星空や納涼祭、冬には雪が降るので、かまくらをつくってその中で日本酒を楽しんでもらったり、全員本気の大雪合戦をしたり蔵という場所でいろいろなことができると思っています。

知っていただけるきっかけは、日本酒でなくてもいいんです。もっとこの業界は馬鹿になってもいいと思っているんですよね。面白いことをどんどん企画するので、天領盃の敷地を使って一緒に楽しんでほしいです。

ーー今までに絶対なかった日本酒の企画ですね。いろいろな企画、楽しみにしています!

こんな若者でも頑張ってるんだ、と勇気を与えられる存在に

天領盃,酒小町,日本酒,加登仙一

ーー最後に、日本酒をたしなむ女性たちに、伝えたいことやメッセージをお願いします。

加登:天領盃はスタートアップ企業だと思っています。

お金も知識も経験もない。あるのは覚悟と勢いだけ。やっと立つことができたこの場所で、そのための努力は惜しまないつもりです。

設備が古くても、経験がなくても、できることはなんでも挑戦していきます。みなさんにもっと日本酒を好きになってもらえるように、天領盃という蔵があるんだと知ってもらえるように。こんな若者でも必死に頑張ってるんだ、と勇気を与えられるような存在であるように。

僕たちが天領盃がいまある日本酒の壁やイメージをいい意味で壊していけたらと思っているので楽しそう、面白そうと思ってもらえたらぜひ、一緒に楽しんでいただけるとうれしいですね。

ーー他業種からの参入、24歳の最年少でのM&Aなど驚かされる肩書をお持ちの加登さんですが、「面白いことをやりたい」と笑う顔はまるで少年のようでした。そんな加登さんが丹精込めて作った新ブランドが、2019年5月1日から発売開始になります。こちらもぜひお手に取ってみてください。

雅びで楽しい時に寄り添う、『‪雅楽代』(うたしろ)‬

天領盃,

天領盃酒造は佐渡市加茂歌代地区にあり、遠い昔佐渡は天皇や文化人の流刑地とされており、順徳天皇や日蓮など様々な文化人が流されています。
その中でも順徳天皇は、流刑地後も佐渡で多大な権力を持っていました。

順徳天皇は歌人でも有名で、多くの歌を残しています。流刑後、佐渡の島民が歌を詠み、順徳天皇が気に入ると、褒美として土地をもらえたという内容が文献には残っており、その土地が「歌の代わりの土地」という意味合いで現在の歌代地区となっています。

土地を授かり、栄華を極めた島民は自らのきらびやかな時代を誇り「雅楽代」(うたしろ)と名乗るようになったそうです。

「雅びで楽しい代(とき)」

天領盃の目指すお酒自体は「お客様の思い出に残る楽しい時間を演出する」がコンセプトです。目標となるお酒と天領盃のある土地から派生した名前の由来から、このブランド名を付けることにされたそうです。

5月1日から発売のこの商品、年号も平成から令和に変わりますます新しく変化していく日本酒の時代がとても楽しみです!

「雅楽代」取り扱い店舗
Web:https://tenryohai.co.jp/shop/buy/

天領盃,

加登仙一さんプロフィール

1993年6月21日生まれ
千葉県成田市出身
法政大学国際文化学部卒業
趣味:ブレイクダンス/テニス

天領盃 酒小町
Twitter:加登仙一 天領盃酒造蔵元 蔵元レベル1

天領盃酒造株式会社
住所:新潟県佐渡市加茂歌代458
電話番号: 0259-23-2111
Web:https://tenryohai.co.jp/
Twitter:@tenryohai_sake

企画:天領盃酒造、酒小町
場所提供:未来日本酒店
聞き手:卯月りん、ごまちゃん、ざくろ
テキスト:卯月りん
編集:金子摩耶
撮影:福ちゃん

卯月りん

9,103 views

日本酒の広報 自分が心から好きなものを、届けるべき人に届けたい。そんな思いから、日本酒の広報をはじめる。前職での広報の経験を活かして、酒蔵の支援やブランディ...

プロフィール

関連する記事一覧