日本酒の正しい保存期間や保存方法とは?自宅で美味しい日本酒を味わおう!

冷凍食品やスナック菓子には「賞味期限」があります。賞味期限は、品質が変わらずに美味しく味わえる期間のことです。日本酒にも美味しく飲める保存期間があることをご存知でしょうか?

日本酒を購入したのは良いものの、いつ頃まで美味しく飲めるのか疑問に感じたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、日本酒の美味しさを保つ保存方法や保存期間について詳しくお伝えします。

さらに保存期間が長い日本酒とペアリングしたい料理もご紹介!正しい保存方法を知って、自宅で美味しく日本酒を楽しみましょう!

日本酒の保存期間は?

日本酒には賞味期限の記載がありません。アルコール度数が10%以上のものは、殺菌作用が強く、長期間の保存が可能であるためです。

賞味期限の代わりに、日本酒のラベルには「製造年月」が記載されています。この製造年月は、日本酒が瓶詰めされた日を指します。お酒をしぼった日ではないので、注意してください。

日本酒は長期間の保存が可能ですが、保存期間中にも風味は変化しつづけています。それでは、日本酒を美味しく味わうことができる期間はいつ頃なのでしょうか?

日本酒の飲みごろの目安は、製造方法や銘柄によって異なります。

普通酒や本醸造酒は、製造年月から約1年以内に飲むのがおすすめ。火入れが2回されているので長期保存が可能です。火入れとは、日本酒の製造工程での加熱処理を指します。火入れを行うことで、殺菌効果やお酒の質の安定がはかれます。

火入れがされていない生酒や生貯蔵酒は、製造年月から約9ヵ月が飲みごろです。火入れが2回されている日本酒よりナイーブなので、保存方法にも注意が必要です。

日本酒を保存するのに気を付ける方法

せっかく購入した日本酒だからこそ、より美味しく飲めたら最高ですよね。日本酒はとても繊細なので、保存するときにも細やかな配慮が必要です。日本酒の品質を保つために、保存方法で気を付けるポイントは3点あります。

光に当たらないところに置く

日本酒は冷暗所で保管をしてください。日本酒は、紫外線や蛍光灯などの光にとても弱いです。光に当たる場所に置いておくと、「日光臭」という不快な臭いを生み出してしまいます。

光が当たるのを避けるために、新聞紙で瓶を包むのも良いでしょう。

適温の場所に置く

日本酒の味には、温度管理が大きく影響します。高温や急な温度変化が生じないようにしましょう。火入れがされている日本酒は、5℃からマイナス5℃ぐらいの低温で管理します。開栓をした場合は、常温保管が可能な日本酒でも冷蔵保存がおすすめです。

火入れをしていない生酒は、冷蔵庫で保管をしましょう。一度も加熱していない状態が、品質の劣化するスピードを早める原因であるからです。味の変化のスピードを緩めるために、冷蔵保存が必須です。

大吟醸酒や吟醸酒は、フレッシュでキリッとした味が魅力。美味しさを味わうために、よく冷やして保存をするのがおすすめです。

空気にふれないように密閉する

お酒自体が空気にふれないようにします。開封した瞬間から酸化がはじまり、どんどん風味が変化してしまうためです。空気にふれることを避けるために、日本酒の瓶の蓋はしっかり閉めるように心がけましょう。

小さな容器に移しかえたり、真空ポンプ付きワインの栓を使用したりして、なるべく空気にふれさせないように対応するのもひとつの手です。

開けたての味わいを楽しみたいときは、開栓後に冷蔵保存をして3日から5日以内に飲み切ると良いでしょう。

空気にふれた日本酒の味わいや風味を感じてみるのも、とても面白いですよ!

日本酒と相性が良いおすすめの料理

日本酒

長く保存できる日本酒が、茨城の居酒屋酒造店が手がける『日乃出鶴(ひのでつる)純米吟醸』。

ほんのりと甘い口当たり、すっきりとした後味は、どんな料理にも合わせて美味しいと感じさせてくれる、ふところが深いお酒です。

『日乃出鶴純米吟醸』と一緒に合わせたい料理は、しっかりした味づけの料理です。グラタンやカマンベールチーズなどのまろやかさが広がる料理と相性が良いです。

他には煮物料理や野菜料理、肉料理もペアリングにとてもおすすめです。

ほとんど地元で消費され、なかなか県外で飲むことができない日本酒を、180mlのミニサイズ飲み比べセットとしてお楽しみ下さい。

ミニサイズ飲み比べセット2,980円(税込)

レンジで楽々!豚しゃぶナスの香味だれのレシピ

日本酒とおつまみ

■材料
・豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 100g
・なす 1本(100g)
・料理酒 大さじ1
A是好醤(コレイージャン) 大さじ1
A醤油 小さじ1
A塩 少々
・大葉 1枚

■作り方
①なすはヘタを切り落として縦6等分に切り、水に5分ほどさらして水気を切ります。

切ったナス

②耐熱容器(ボウル)に①、豚バラ肉を入れて料理酒を回しかけ、ふんわりとラップをして600Wの電子レンジで3分ほど加熱します。

豚肉

③豚バラ肉に火が通ったら取り出し、軽く水気を切ります。Aを入れて混ぜ合わせ、器に盛り付けます。

おつまみの調味料

④みじん切りにした大葉をトッピングして完成です。

日本酒おつまみ

手軽に中華風アレンジができる調味料

おつまみの調味料

仕上げの味づけに使用したのは、『万能中華調味料 是好醤(コレイージャン)』。茨城県水戸市にあるハオシーズニングファクトリーが手がける中華調味料です。

かけたり混ぜたりするだけで、簡単に料理を中華風にアレンジできます。「手軽に中華を楽しんでほしい」という想いが込められたこだわりの調味料です。

伝統を感じる江戸硝子の冷酒グラス

日本酒グラス

日本酒を味わうひとときを美しく演出してくれるのが、八千代窯で作られた冷酒グラス。八千代窯は千葉県と茨城県の中心部にあります。深みのある藍色と金箔が高級感を織りなします。

八千代窯で作られる品々は、国の伝統工芸品として扱われています。熟練の職人技で作られた冷酒グラスで、日本酒の味わいがより深く感じられるでしょう。

日本酒の保存方法に気を付けて長期で飲めるように

自宅で日本酒を楽しみたいときには、保存方法に気をつけましょう。光の当たらない冷暗所で保管をします。保存場所は、どの日本酒でも冷蔵庫がおすすめです。味を損ねないためには、なるべく空気にふれないようにする心がけも必要です。

日本酒の保存方法を実践することで、長い保存期間を経た日本酒の旨味を味わい尽くしましょう!

今回ご紹介した日本酒について

さわやかですっきりした味わいと、どこかほっとするような優しさをあわせもつ、すいすいと飲める日本酒です。

180mlの飲み比べセットとして、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒の3種類をお楽しみ頂けます。それぞれの特徴を楽しんでみてください。

ミニサイズ飲み比べセット2,980円(税込)

本記事は日本初、日本酒専門の体験促進型WEBサービス『SYULIP』に、酒小町が寄稿した記事を転載しています。

企画協力

SYULIP

SYULIPは「体験」≒「実際に日本酒を飲む」キッカケを提供するコンテンツを中心に配信しています。百聞は一見に如かず。さらに百回見るより一度の体験や経験にまさる感動は無いと考えています。様々な情報が溢れる現代、SYULIPは体験を通じユーザーに驚きや感動を与えるコンテンツを発信し続けます。
Web:https://syulip.com/
Twitter:https://twitter.com/syulip_official
Instagram:https://www.instagram.com/syulip_official

酒小町制作メンバー

執筆:naoko(Twitter
フードコーディネーター&撮影:脇坂麻友美(Twitter / Instagram
編集:うりっぽ(TwitterInstagram
企画:卯月りん(TwitterInstagram

by
関連記事