『余韻を味わう夏の果て〜記憶に残すカレーとドリンク〜』.colony×酒小町

#sake

風鈴の音
蚊取り線香のにおい
花火の美しさ

五感をふるわせ、季節をゆたかに彩るものたち。

それらに触れられなかった今年の夏は、少し退屈だったかもしれません。

そんな夏の果てにおとずれるのは、新しい刺激との出会い。

スパイスの香りと日本酒の味わいが重なりあったとき、あなたの五感はあざやかに彩られます。

ゆっくりと遠ざかる夏を感じながら、晩夏の余韻にひたりませんか?

クリエイターチームとして活動した1年半を経て、9月からコミュニティとして新たにスタートする酒小町。

記念すべきコミュニティ第1弾イベントは 、写真を通じて日々に心を寄せるコミュニティ『.colony』さんとのコラボでお届けします。

.colonyさんが ”季節の余韻を味わえる、撮りたくなる食” を軸としたイベントを定期的に企画されていくことになり、その第1回目となるのが『余韻を味わう夏の果て〜記憶に残すカレーとドリンク〜』です。

夏の余韻を味わい、夏の果てを感じながら、美味しい時間を一緒に楽しみましょう!

夏の五感を彩る

しゅわしゅわの泡音、夏空のような青、手にしたグラスのひんやり感。
色あざやかな食材、果物の甘み、スパイスの香り。

.colony×酒小町のコラボカクテルと、.colonyさんの特製カレーがあなたの五感を彩り、夏の果てを彩ります。

聴いて、観て、触って、嗅いで、味わって、五感を夏にゆだねてみませんか?

夏の果てを彩る舞台は.colonyさんの秘密の食堂。
食を愛で、恋するように撮り、みんなで楽しむための素敵な場所です。

.colony特製『夏の余韻を味わうカレー』

夏の余韻を味わう食べ物として.colonyさんに選ばれたのはカレーでした。

もちろん、ただのカレーではありません。
.colonyさんのメンバーであり、巷で話題のカレー屋さん6curryの初代カレーチャンピオンでもある、たぴもん(@tapimonさん特製カレーです!

美味しくないわけがないですよね。

しかも!2種類のカレーをワンプレートで楽しめます。

パイナップルの甘酸っぱさがアクセントになっていて、旨味たっぷり辛さひかえめ、トロピカルな味わいの『パイナップルキーマカレー』

ココナッツミルクのまろやかさと青唐辛子などのスパイスが織りなす、上品で複雑な辛さがクセになる『ココナッツチキンカレー』

目にもおなかにも美味しい.colonyさん特製カレーで、夏の余韻をご賞味ください。

酒小町コラボカクテル夏の果て

.colonyさんとのコラボイベントということで、 “思わず写真に撮りたくなるような日本酒のカクテル” を目指しました。

そんな日本酒カクテル夏の果て』のベースとなるのは、千代むすび酒造の『微発泡純米吟醸 しゅわっと空 生』という日本酒です。

日本酒になじみがない方でも飲みやすく、手にとって眺めたくなるようなをものを選びました。

涼しげな空色のボトルと空に浮かぶ雲のような文字が美しく、アルコール度数も12%と日本酒にしては低めです。

ベースとなる日本酒を選び、.colonyさんと実験を繰り返すこと4週間。ようやく完成しました…!

『しゅわっと空』のグレープフルーツのようなほんのりとした苦味と爽やかな香りは、夏の果ての切なさを。

しゅわしゅわと湧きたつ泡と、あざやかなブルーのシロップは夏の余韻を表現しています。

真夏の青も、夏の終わりの青も、夏の果ての青も、グラスのなかで溶けあっていくイメージです。

ゆっくりとマドラーをまわして、あなただけの青をつくってみませんか?

もちろんノンアルコールドリンクもありますよ!

参加方法

①専用のPeatixイベントページよりチケットを購入いただき、来店予約
②お申込された方だけに食堂の住所をご連絡
③お申込されたお時間に食堂へご来店
④目とおなかで夏の余韻をおもうぞんぶん愛でる

お時間内なら、じっくり撮影するもよし、ゆるりとお話するもよし、パクパク食べるもよし、です。
イベントページはこちら https://peatix.com/event/1595677

「余韻を味わう夏の果て〜記憶に残すカレーとドリンク〜」詳細

日程: 2020年9月5日(土)
※ 定員:各回 8名 時間による入れ替え制になります
<昼の部>
① 12:00-13:00
② 13:00-14:00
③ 14:00-15:00

<夜の部>
④ 17:00-18:00
⑤ 18:00-19:00
⑥ 19:00-20:00

提供予定メニュー

その1 「夏の果て」スパイスカレープレート

愛情を込め、試作を重ねた特製の極上カレー。見た目の美しさもさる事ながら、味も絶品…。撮りたくなる・食べたくなる両方を兼ね揃えたカレーです。世のカレー好きにぜひ一度食べてほしい一品。

その2 ○「夏の果て」ドリンク

こちらは夏の果てをイメージした爽やかな甘くてちょっぴり懐かしい海色ドリンク。美しいグラスと共に提供します(※日本酒カクテル orノンアルコール どちらかを当日選択できます、カレーとセットでお楽しみください。 写真はイメージのグラスになります。)

こんな方におすすめです

・夏の果てを味わいたい方
・カレーとドリンクで写真を撮りたい方
・記憶に残る日本酒カクテルを飲んでみたい方
・スパイスカレーがお好きな方
・酒小町が気になる方
・.colonyが気になる方

参加チケット・会場 

◇ 参加チケット
一律 2,000円(夏の果スパイスカレープレート1皿とドリンク1杯付き)
※ ドリンクのおかわりは会場でキャッシュオンで可能です。
https://peatix.com/event/1595677

◇ 会場
東京都渋谷区某所 (最寄り駅:明治神宮前/原宿)
※ 今回人数制限を設けている為、チケットご購入者にのみ購入後Peatixのメールにてお伝えいたします。

今回のコラボコミュニティ情報

-.colony(企画・運営)https://note.com/dotcolony

写真を通じ⽇々に⼼を寄せる⼈々が集うオンラインコミュニティ。
1⼈でも多くのオンライン上に、居心地の良い場所を作ることをコンセプトにしています。
現在noteサークルとSlackで総勢100名以上の方が、ゆるりと価値観を共有して、日々を楽しむために
オンラインでコミュニケーションをとっています。

– たぴもん(カレー担当)https://twitter.com/tapimon

.colonyメンバー。食べるだけでは飽き足らず、スパイスを買い揃えてはカレーを作る日々を過ごす。
会員制で招待制のカレー”6curry”で行われたカレーバトルの第1回王者。
好きなスパイスはカルダモン。使いこなしたいスパイスはターメリック。

– 酒小町(企画・運営) / https://sakekomachi.jp/

酒小町は、女性クリエイターからはじまった #日本酒がある暮らし をコンセプトにしたメディア&コミュニティ。
お酒が好きなミレニアル世代に、日本酒をもっと身近に、もっと気軽に楽しんでもらえるようなアプローチをオンライン&オフラインで行っています。ミッションは、日本酒をあたらしい切り口で、あたらしい層に届けること。

日本酒を作るプロである酒蔵さんが、苦手分野であるデザインや広報やSNSなどをやりきれていない現実と、若い世代に飲んでほしい酒蔵さんの想いと、飲みたいけどハードルが…と思っているミレニアル層への橋渡しになれるような企画をやっています。

– 卯月りん(アルコールドリンク担当)/ https://twitter.com/uzuki_rin

酒小町代表。自分が心から好きなものを、届けるべき人に届けたい。そんな思いから、日本酒の広報をはじめる。前職での広報の経験を活かして、酒蔵の支援やブランディング、地方創生に携わる日々。根っからのお酒&おつまみ好き。酒小町の代表として、コンテンツ制作のプロデュースやイベントの立ち上げ、登壇など、さまざまな活動を行っている。

◆備考( 必ずご予約をお願いします )

新型コロナウイルス感染症対策にご協力お願いします。
食物アレルギーのある方は事前にご相談ください。
時間入れ替え制のため、予定の時間から大幅に遅れる場合は、必ずご連絡ください。到着時間によっては、ご提供タイミングについてご相談させていただく場合があります。

千代むすび酒造株式会社
住所:〒684-0004 鳥取県境港市大正町131
電話番号:0859-42-3191
営業時間 : 9:00~17:00
Web:http://www.chiyomusubi.co.jp/

企画:.colony、酒小町
場所提供:.colony
テキスト:鈴木よぴこ、成澤あや子
撮影:古性のち、鈴木よぴこ、たぴもん、卯月りん
バナーデザイン:目黒水海

卯月りん

酒小町代表 / 日本酒の広報 自分が心から好きなものを、届けるべき人に届けたい。そんな思いから、日本酒の広報をはじめる。前職での広報の経験を活かして、酒蔵の...

プロフィール

目黒水海

グラフィック、空間装飾、コミュニティデザインなど、マルチに手がけるデザイナー。三度の飯よりお酒が好き。酒小町のロゴ制作や、デザインまわりを担当。 酒小町では...

プロフィール

成澤 あや子

フリーランスのライター&メディアディレクターとして活動中。 数年前まで日本酒が苦手だったが、とある日本酒との運命的な出会いにより人生が一変。 酒小町を通じて...

プロフィール

関連する記事一覧