• HOME
  • #column
  • 温度で変わるかわいい表現方法を知って、食卓をちょっと豊かに

温度で変わるかわいい表現方法を知って、食卓をちょっと豊かに

#column

日本酒は、温度によって味が変わるのも大きな特徴の一つです。調べてみたら、温度別の表現方法がとってもかわいかったのでご紹介します。

日本酒は温度で味が変わる

キーンと冷えた冷たい冷酒から、寒い冬に嬉しい熱燗まで。
これほど幅広い温度帯で飲まれているお酒は、世界的にも珍しいといいます。
日本酒はその種類により、おいしく飲める温度の目安があります。

華やかな香りの高い吟醸酒は、冷やしすぎるとフルーティーな香りがひらかなくなってしまうので10~15℃の少し冷たいくらいがベスト。
夏にうれしいスッキリとした生酒やスパークリングのお酒、本醸造のお酒はキンキンに冷やしたり、氷をいれてロックで飲むのが一番おいしく飲める温度帯だそうです。

日本酒は温度の変化で呼び方も変わる

それなら、日本酒の種類ごとにどんな温度帯で飲むのがいいんだろうと調べたところ、なんと、温度の変化により呼び方が10通りもあるんです。
そしてどの呼び方も、さすが日本古来からあるお酒、とても情緒的でかわいらしいのでここでご紹介させていただきます。

温度で変わる日本酒の表現

  • 60~50℃ :飛び切り燗
  • 50℃   :熱燗
  • 45℃   :上燗
  • 40℃   :ぬる燗
  • 35℃    :人肌燗
  • 30℃    :日向燗
  • 25~20℃ :冷や
  • 15℃   :涼冷え
  • 10℃   :花冷え
  • 5℃     :雪冷え

ね、とっても情緒的でかわいいですよね。
月の満ち欠けで月の表現が変わったり、風の強さや場所で風の表現が変わったり、日本は万物の変化を正確に、そして丁寧に繊細に表現するのが本当にうまい国だなぁと感心してしまいました。

お酒を飲んだときに、「実は今日は花冷えの温度で冷やしてみたんだよ」とか、「お燗する温度を徐々にあげてこのお酒で一番おいしい温度をみつけてみよう」とか、温度で名前と味が変わるのを覚えていただくことで、食卓がまたひとつ豊かになればうれしいです。

ちなみに、温めることで味や香りが良くなることを「燗上がりする」といい、そういう性質を持っているお酒を「燗映えする」お酒というそうです。

江戸時代頃、お酒を出す飲食店には、そのお酒が一番おいしくなるように温度を調整する「お燗番」と呼ばれる役目があったそうです。
温度計も無い時代なので、同じ器、同じ分量であっても、湯煎にしてからの時間を管理しなければならず、片手間でできないお役目でした。

お燗番はお店の中でも、接客が上手な女性が行うこと多く、ちょうどいい温度に燗をつけられるお燗番がいるお店は評判になりました。
これが「看板娘」の語源とも言われているそうです。
現代も江戸時代も、おいしいお酒とすてきな看板娘がいるお店は繁盛するのは変わらないんですね。
そんなところもほっこりしました。

テキスト:卯月りん
撮影:酒小町
編集:金子摩耶

卯月りん

日本酒の広報 自分が心から好きなものを、届けるべき人に届けたい。そんな思いから、日本酒の広報をはじめる。前職での広報の経験を活かして、酒蔵の支援やブランディ...

プロフィール

関連する記事一覧