#日本酒をもっと楽しむ~グラスとフレンチのトリプリング体験~

イベント情報

ふだん、日本酒をどんなグラスで飲んでいますか?
日本酒には、それぞれに個性があり、その魅力を最大限に引き出す最適なグラスが存在します。

今回のイベントテーマは、「グラスとフレンチと日本酒トリプリング」。

150年以上の歴史を誇り、今もなお技術の向上に余念のない酒蔵。
本場フランスで腕を磨き、素材に徹底してこだわる料理人。
そして、江戸の職人魂を宿したガラス器を現代に受け継ぐ木本硝子。

伝統を守りながら、熱い挑戦を続ける職人たちが、一夜限りでプロデュースする、
「日本酒×フレンチ×日本酒専用酒器(グラス)」の新たなトリプリング体験です。

静岡の酒蔵 花の舞酒造の蔵人たちの思いが込められた、個性豊かな5種類の日本酒を、
異なる技を持った職人が1つ1つ作り上げた、
「日本酒専用グラス」で贅沢に飲み比べ。

グラスによって変わる日本酒の味わいをご体験いただきます。

料理は、「日本の四季を感じてもらう」をモットーに掲げる、恵比寿の「SAKEビストロNa-Na」が、日本酒に合わせて考案した、本イベント限定の特別メニューをご用意いたします。

日本酒とグラス。日本酒とフレンチ。
日本酒とグラス、そしてフレンチ。モノづくりの情熱が融合する、新たな日本酒の楽しみ方を体感してみませんか。

■当日お楽しみいただける木本硝子「SakeGlassSelection」とは…?

日本の食は本来、中身や種類、シチュエーションに合わせて器を変えながら、
味、盛り付け、匂い、食感を同時に楽しむ文化です。

私たちは、器の色やフォルム、大きさ、手触りとともに料理を楽しみ、味や匂いを堪能してきました。
器は料理の良さを活かす、これ以上ない良きパートナー。
食べるもの、飲むものによって器を変え、両者の相乗効果を楽しむことは
私たち日本人の根底にある記憶の一つであり、脈々と流れている価値観です。

純米酒、大吟醸酒、本醸造酒、古酒。日本酒の個性は千差万別です。
ワインを飲むときに、ブドウの産地や品種ごとにグラスを変えるように、
日本酒も多彩な個性に合わせてグラスを選んでみましょう。

1人で飲みたいとき、気のおけない友人とサシで飲むとき、
カップルで楽しむとき、大勢で盛り上がるとき。
シーンや気分に合わせてグラスを使い分けてみましょう。
日々の暮らしが少し豊かに上質に、そして楽しく変わっていきます。

 

「華」飲む姿まで美しいやわらか味を堪能

日本酒をラグジュアリーにエレガントに楽しむならこのグラスで決まり。
華やかな薫りの吟醸酒や大吟醸酒とペアリングすることで、日本酒の魅力を最大限に引き出します。
口径が大きく独特の口元の反りによって、日本酒がやわらかく緩やかに口に入ってほどけ、味がまろやかになります。
舌にゆっくり広がり、体温によってお酒の温度も上がって吟醸香が立ちます。
グラスを持つ指までも美しく演出する「華」のあるグラスです。

「爽」日本酒をクールに爽やかに演出する

クールなフォルムはすっきりとのどごしの良い発泡酒や純米吟醸酒向き。
夏酒のようにアルコール度数の低いものに合わせるタイプのグラスです。
口径が小さく高さがあり、顎を上げて飲むことになるため、舌の奥に速い速度で味が伝わります。お酒が舌の真ん中を通り、喉の奥へ流れた先の爽快感が格別です。
スターターとして、乾杯や食前の一杯目にこれほどふさわしいグラスはありません。

「雅」伝統にふれながら熟成酒を味わいたい

日本の伝統的な「盃」をモデルにモダンに仕上げた仕上げた「雅」。
伝統的手法で造られた日本酒や熟成酒をその伝統に触れながら味わいたいときに最適なグラスです。
日本酒の歴史や文化が感じられるグラスには、伝統的手法の生酛造りや山廃造りなどの日本酒がぴったり。できればぬる燗でどうぞ。
口径が大きく舌全体にゆっくりと広がるため、日本酒の深い味わいを堪能することができます。

「醇」ふくよかな味わいをしっとり楽しんで

独特のふっくらとしたフォルムが、特徴の「醇」。
日本酒のふくよかな味わいを最大限に引き出すグラスです。古酒や原酒とペアリングすることで、しっとりとした大人の時間を楽しむことができるため、食後用の酒器として最適です。手に馴染むグラスに日本酒を注いだら、発酵系や燻製系の食事と合わせるのもおすすめ。
「食後にゆっくりとちびりちびりとお酒を楽しみたい」「静かにお酒を楽しみたい」、そんな大人向けのグラスです。

「和」日本酒との出会いを日常をハッピーに演出する

日本酒との出会いを始めるのに最適なグラスが「和」です。
日本酒に興味はあるけれど、詳しいことはわからない。そんな方におすすめなのがこのグラスです。手造りグラスならではの、きらきらして可愛い親しみやすいグラスで、日本酒の味わいと薫りをバランスよく感じられます。応用シーンが広い万能タイプのグラスといえます。
日本酒との出会いをハッピーに演出し、優しい道しるべとなって日本酒の魅力を教えてくれます。

グラス選びはけっして難しくありません。
日本酒をもっと身近に感じてもらいたい、気軽に飲んでもらいたい、
ライフスタイルに合わせてグラスを選んでもらいたい。

そのために、私たちは5つの日本酒のためのグラスを用意しました。
気分、感性、直感、雰囲気。どんな動機であっても構いません。
あなたが選んだグラスこそが運命のグラス。
さあ、あなたの琴線に触れるグラスはどれですか?

■日本の四季を感じてもらうをモットーに掲げる、恵比寿の「SAKEビストロNa-Na」とは…?


シェフが、素材からきちんと手をかけて作った一皿を居心地の良い空間とサービスの中で味わうをコンセプトにした
「旬」を大切にした、日本の四季を感じるビストロ料理と日本の未来を味わう日本酒をいただける恵比寿にあるビストロです。

素材から手を掛けて作ったビストロ料理



「旬」を大切に、素材から手を掛けて作ったビストロ料理。
奇をてらったビストロ料理ではなく、シンプルに、丁寧に。
旬の素材が持つパワーを美味しく味わって頂くために。

ペアリング

旬の食材とは、その時期全ての食材の中で最もパワーを持つ食材であり、旨味の乗った食材です。
「旬」を大切に素材から手を掛けて作ったコースの一皿一皿に最もマッチする日本酒をソムリエがチョイスし、
料理とお酒のペアリングをご提案します。
新しいおいしさに初めて触れた時のトキメキを温度や酒器の違いと一緒に楽しんでもらいたい。
東京でなかなかお目にかかれない美味しい日本酒、日本ワインをご用意しております。

・・・

イベント詳細

■日時:2020年2月22日(Sat)
■場所:SAKEビストロNa-Na
東京都目黒区三田2-4-6 B1
■会費:11,000円(税込み)
木本硝子Sake Glass Selectionより、どんな日本酒にも合わせやすいオールマイティーなグラス
「和-nagomi-」(定価2,200円 税込み)グラスのお土産付き

■申込方法
お申込みは、こちらPeatixから。
https://sakekomachi6.peatix.com/

■イベントについてのお願い
記録・広報を目的として、イベントの様子を写真や動画で撮影する場合があります。あらかじめご了承ください。

■キャンセルポリシー
キャンセルにつきましては、開催日の2週間前までにお申し出があった場合はキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルにつきましては準備の都合上、お受け出来かねますので、何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、お支払い後のキャンセルの場合、キャンセル料がかかる場合がございますので、ご了承ください。

 

■共同開催
木本硝子 株式会社
https://kimotoglass.tokyo/
SAKEビストロNa-Na
https://na-na-q.com/
花の舞酒造
https://www.hananomai.co.jp/

卯月りん

酒小町代表 / 日本酒の広報 自分が心から好きなものを、届けるべき人に届けたい。そんな思いから、日本酒の広報をはじめる。前職での広報の経験を活かして、酒蔵の...

プロフィール

関連する記事一覧