【50周年】日本初のプレミアム生原酒「ふなぐち菊水一番しぼり」試飲会イベントレポート

菊水酒造のロングセラー商品である「ふなぐち菊水一番しぼり」は、2022年11月に発売から50周年を迎えます。
秋に行う50周年企画に先駆けて4月22日からスタートしたプレゼント企画「菊水ポイントキャンペーン」や「ふなぐち菊水一番しぼり」と「生原酒」に関する酒造りの舞台裏をお伝えします!

菊水酒造について

菊水酒造は1881年(明治14年)創業。

菊水酒造は141年という長い歴史の中で二度の大水害での被災、蔵の移転など様々な苦難を経験してきました。多くのファンの方たちの支えを受け、現在は20カ国で展開し、愛されています。

菊水 酒蔵 とは

菊水酒造では「モノ」と「コト」を融合して「日本酒を面白く」することに力を注いでいます。それを体現する拠点として2004年に「菊水日本酒文化研究所」を設立。現在は一般公開もしています。

研究所の見どころは日本酒にまつわる収蔵品。その数3万点余り。全国から集められた酒や食文化に関する書籍・専門書・酒器などが展示されています。

展示物は時期によって入れ替えをおこなっているので、何度訪れても新しい発見があります。(見学事前予約制)

お客様の声から生まれた「ふなぐち菊水一番しぼり」

開発のきっかけになったのはお客様の声。

当時、蔵を訪れたお客様にふるまっていたしぼりたての生原酒は、一度飲んだら忘れられず「持ち帰りたい」と切望されるほど。しかし、火入れをしないしぼりたての生原酒はデリケートで風味が劣化しやすく、 商品化は難しいとされていました。

そこで菊水酒造は、独自の手法と容器をアルミ缶にすることで商品化を実現させました。

ふなぐち菊水一番しぼり

「コンビニ最強酒」の愛称で愛されるロングセラー商品に

「ふなぐち菊水一番しぼり」は、1972年に日本初の缶入り生原酒として開発されました。2018年には累計販売数3億本を突破。現在は海外でも多くのファンに愛されています。

メディア向け試飲会レポート~代表取締役社⾧の髙澤大介さんの挨拶からスタート

試飲会 レポート

代表取締役の高澤さんのお話からスタート。

菊水酒造のゴールは美味しいお酒をつくることではなく、『こころ豊かなくらし』を創造する会社でありたいという思いから、「私たちは感謝と良心を以って大地の恵みを醸しこころ豊かなくらしを創造します」という企業理念がつくられました。

会社の歴史や商品の開発秘話からユーモアのあるお話まで、髙澤さんの素敵な人柄が伝わってくるお話。

生原酒「ふなぐち」について学ぶ~菊水酒育SEMINAR~

生原酒 ふなぐち

オンラインで生産部の五十嵐さんと乾杯!

菊水酒育 SEMINAR セミナーキット

「菊水酒育SEMINAR」はセミナーキット付き!

五十嵐さんから「ふなぐち菊水一番しぼり」製造の舞台裏や味わいの特徴について学びながらお酒を楽しみます。

お米の削り具合や原料でお酒のカテゴリーが変わり、お酒の味わいも変わってきます。精米歩合が高いほど、お酒の味がきれいになる傾向があるそうです。「ふなぐち菊水一番しぼり」の黄色い缶と、赤い缶では同じふなぐちでもお米の削り具合と熟成期間から味が違うんですね!造り方の違いを知ると、その味わいの違いに納得します。

特定名称酒

商品名の由来について

商品名「ふなぐち」の由来は地名や開発者の名前ではなく、酒造工程

ふなぐち 製造過程

醪(もろみ)が入った袋を槽(ふね)という絞り機に積んでいき……

しぼりたて お酒

槽(ふね)の出口からしぼりたてのお酒が……
こうして「ふなぐち菊水一番しぼり」の名前が誕生しました。

ふなぐち菊水一番しぼり

「ふなぐち菊水一番しぼり」は味わいが濃厚で、ソーダ割など様々な飲み方が楽しめるお酒です。

日本酒は柑橘系との相性がいいお酒。五十嵐さんイチオシの飲み方は、冷えた「ふなぐち」にシークワーサーを数滴たらす飲み方です(リキュールやリキッドタイプでもOK)。これから暑くなる季節にもピッタリの飲み方です。

菊水ポイントキャンペーンのご紹介

国内外の多くの人に愛され、50周年を迎えた「ふなぐち菊水一番しぼり」の記念キャンペーンが4月22日からスタートしています!

キャンペーン内容はこちら!

「菊水ポイントキャンペーン」

菊水 ポイントキャンペーン
キャンペーン 商品

対象商品を購入してポイントを貯めると豪華な賞品が当たります。

5本分のポイントが貯められる、キャンペーン特別仕様のふなぐち菊水一番しぼり3本詰めのお得なセットも発売中です!

こちらのキャンペーンは今年の8月31日まで実施されています。
ぜひ皆さんも参加してみてください! 

企画協力

菊水酒造株式会社

住所:〒957-0011 新潟県新発田市島潟750
電話番号:0254-24-5111
Web:https://www.kikusui-sake.com/home/jp/
Twitter:https://twitter.com/KIKUSUI_PR
Instagram:https://www.instagram.com/kikusui_pr/
Facebook:https://www.facebook.com/kikusui.jp
YouTube:https://www.youtube.com/user/KIKUSUISAKECOLTD

酒小町制作メンバー

執筆:まいか(TwitterInstagram
編集:うりっぽ(TwitterInstagram
ディレクション:関谷サイコ(TwitterInstagram
企画:卯月りん(TwitterInstagram

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。